体調を整えるには生の野菜やフルーツ

体調を整えるには生の野菜やフルーツを沢山食べるようにする!?

体調を整えるには生の野菜やフルーツを沢山食べるようにする
事が大切ではないでしょうか。

 

 

体調を整えるには、生の野菜やフルーツを沢山食べるようにすると良いです。

 

 

生の野菜やフルーツには、ビタミンやミネラルが沢山含まれているので、体調を整えたい時にぴったりの食材です。

 

 

そして生の野菜やフルーツには、酵素が沢山含まれているので、体内で消化をする時に体内にある酵素を無駄遣いすることなく消化出来るので、食後も体が重くなったり眠くなったりすることが無いので良いです。

 

 

そして生の野菜やフルーツにアルカリ性なので、酸性化して体が疲れている時にぴったりの食材です。

 

 

生の野菜やフルーツには、食物繊維も豊富に含まれているので便秘を解消することも出来ます。

 

 

普段あまり生の野菜やフルーツを食べないという方は、体調を整える為に生の野菜やフルーツを食べるように心がけると良いです。

 

 

毎日牛肉や豚肉や鶏肉やラム肉などの肉類や、魚や貝類やイカやタコなどの魚介類、牛乳やチーズやバターや生クリームなどの乳製品や卵などの動物性食品や、白米のご飯や精製された小麦粉で出来ているパンやうどんやラーメンなどの麺類といった食品を食べていると、体が酸性化して疲れやすくなってしまいます。

 

 

生の野菜やフルーツはアルカリ性なので、毎日生の野菜やフルーツを食べるようにすると体がアルカリ性に傾いてくるので体が疲れにくくなります。

 

体調を整えるコツ

 

体調を整えるコツは、食事を改善したり睡眠時間を多く取ったりすると良いです。

 

 

タバコやお酒などの嗜好品は、体調が悪い時は止めておいたほうが良いです。

 

 

まず理想的な食事は、玄米ご飯や小麦の全粒粉で作られているパンやうどんや十割蕎麦などの精製されていない穀物や、ほうれん草や小松菜や春菊などの緑の濃い葉野菜やセロリやタマネギや人参や大根やブロッコリーなどの野菜、大豆や黒豆や小豆などの豆類やわかめや昆布やめかぶやもずくなどの海藻類、ふきやタラの芽やウドやよもぎなどの旬の山菜などの植物性の食材を使って料理を作るようにしたほうが良いです。

 

 

体調が悪い時は、脂身の多いお肉やお魚や貝類やイカやタコなどの軟体動物、そして乳製品や卵や砂糖が沢山入っているお菓子や酸化した油が沢山含まれている天ぷらやフライなどの揚げ物や、インスタントラーメンなどのインスタント食品はあまり食べないようにしたほうが良いです。

 

 

そして睡眠時間も大事です。

 

 

いつも夜更かしをしていて睡眠時間が平均的に少ないというのは、体に良くないです。

 

 

なので夜更かしはせずに、睡眠時間をたっぷりと取って寝るようにすると、体調が整ってきて体力も回復してくると思います。

 

 

タバコやお酒も体に良いものでは無いので、タバコを吸いたい時はガムを噛んだり飲み物を飲んだりして気分を紛らわせたり、お酒を飲みたい時も手作りの野菜ジュースやフルーツのジュースを飲むようにすると良いです。

 

 

そうすれば体調が早く整えることが出来ます。