体調を整えるには身体を労わり休ませる

30〜40代が体調を整えるには身体を労わり休ませるのが鉄則!

30〜40代が体調を整えるには身体を労わり休ませるのが鉄則だと思います!

 

 

若い時ならば、体調を整える方法もいたってシンプルでした。
例えば、とにかく寝る。

 

 

時間の許す限り気が済むまで眠れば、身体は自然とすっきりしたものです。
また、精のつきそうなものを食べるということもあったと思います。

 

 

でも30〜40代に突入すると、これらの方法は身体が喜ばないことがわかります。

 

 

思いっきり寝ようと思ってもなんとなく目覚めてしまい、昔のような熟睡感は得られなくなってしまいました。

 

 

さらに精がつくまで食べようなんて張り切ると胸が焼けてしまい、体調を整えるどころではありません。

 

 

いずれにしても、若い時と同じようなスタイルを継続していたのでは体調管理も儘ならないということです。

 

 

では、30〜40代に相応しい体調の整え方とは、どんな方法が考えられるのでしょうか。
まずは、身体を休ませることです。

 

 

この場合の休むという意味は、睡眠ということではありません。

 

 

ゴロゴロとして、眠くなったら寝るという程度です。

 

 

「体調を整えるために寝なくては!」
このように気張るのではなく、自然体で過ごすことをおススメします。

 

 

また、体調を整える目的であれば、食事は抜いても構いません。

 

 

消化には相応のエネルギーを要するので、惰性で食べてしまってエネルギーを消耗して倦怠感を感じるなんて本末転倒。

 

 

30〜40代になったら力を抜いて身体を労わり、且つ休ませることが賢明です。

 

親になる前に勉強して

 

体調を整えるとき「自分になにができるか」をまず考えることが大事でしょうね。

 

 

誰かに何かをしてもらうのは自分でできることがなくなってからでいいでしょう・・・。

 

 

病院へ行くほどのことではなかったら病院など行かなくていいんですよ。

 

 

大人なら自分の体調を整える方法のひとつやふたつ常に考えておくことです。

 

 

親になると自分の体調を整えることはもはや当たり前になります。

 

 

自分の体調が整っていないと子供を満足に育てられませんからね・・・。

 

 

親になるということは子供の体調を整えてその次に自分の体調を整えるという体験の連続です。

 

 

いくら自分の体調が悪くても子育てはノンストップだからです。

 

 

体調を整える方法はインターネットで検索すれば一目瞭然ですね。

 

 

数え切れないほどの体調維持の方法が出てくるので確認してみると良いでしょう。

 

 

簡単なものばかりではないけれどできることを選んで実践してみると良いですね。

 

 

自分の体調を整えられるようになれば子供の体調も整えられるようになります。

 

 

同じ家に住んで同じものを食べているのだから、体調が悪くなるタイミングも体調が回復するタイミングも近いでしょう。

 

 

親になる前に体調を整える方法を勉強しておくとあとがラクですよ。